声を糧に、生きていく

アニメと声優とオーディオのブログ

ラブライバー、ハイレゾに興味を持って買ってみたもの、違いが大してわからなかった

前回のハイレゾ
ハイレゾ音源に興味を持ち始めたラブライバー
でも調べてみたらハイレゾ再生機器ってこんなに高いノォ!?
なんか泥沼に嵌っている気がするけど気になりだしたらもうトマリマセーン!

というわけで再生機器買ってきました。

ポータブルなハイレゾ再生機器は他にもあったのですが
ソニー製品が好き
・OSがAndroid→操作に慣れている
・レビューを見る限り音対費用のコストパフォーマンスが高い
初音ミクカラーかっこいいです
上記の理由でF880シリーズを選びました。32GB。

スマートフォンとの比較。
Xperia VLと比べてやや小さい。

さっそくハイレゾの楽曲を安物のイヤホン(XBA-C10 sony 2500円くらいのやつ)
で聞いてみたのですが、CDとの音の違いがあまり分からず。。
ハイレゾに関わらずラブライブ!曲のをもっと楽しみたかったのでちょっと高いイヤホンER-4P(Etymotic Research 2万弱)買いました。
ヨドバシで〜4万のイヤホンを色々試してみたんですが、
かよちんとことりの声が一番リアルに聞こえたのでこいつに。
実際は付属の抵抗変換ケーブルかませてER-4Sとして使っています。

で、色々と組み合わせて試した結果。

イヤホンを変えてもさほどハイレゾの違いのついて感じることはできませんでした。
再生機器とイヤホンの違いははっきりと分かるんだけど、ハイレゾはよく聞き比べてやっと分かるレベル。
ハイレゾ音源は以下の特徴がありました。
・声が自然。音にとげとげしさがない(電子音っぽさが軽減される)
・音の距離感が分かりやすい
・音がたくさん聞こえる
・音が分離していて一人ひとりの声が聞きとりやすい

普段聞き込んでいる曲をハイレゾに変えたらようやく分かるレベルの違いだと思われますので、
持っている楽曲の2倍近い値段を出してわざわざハイレゾを買う必要はないかなぁと思いました。
大体mora等のダウンロードサイトは1曲250円ですが、ハイレゾは1曲400-500円くらいしますので。
あくまで、僕の再生環境と耳での話ですが。

ハイレゾ云々は抜きにしても、F880は買ってよかったなと思います。
スマートフォンで音楽を聞く機会は、お風呂場以外ではなくなりました。
スマホとF880の二台持ちは多少面倒ですがそれだけの価値はある。
ER-4Sも素晴らしいのですが、コストパフォーマンスを考えるとマニア向けなのかなと思いました。
ER-4Sについて色々調べたんですが、ER-4Sは出力側の実力をモロに反映するみたいで、中途半端な再生機器だと真価を発揮できないようです。
どおりでスマホに繋いでもしょぼい音しか出ないはずだ。
F880はアンプを繋ぐのが推奨されているようです。

弊害として、家の安物スピーカーで音楽を聴くとがっかりするようになってしまったので
こちらもそのうち環境を整えたいなぁ。
当分は家でもF880とER-4Sで音楽を楽しむことにします。