声を糧に、生きていく

アニメと声優とオーディオのブログ

携帯電話の料金を見直す

XperiaZ3出たらau->docomoにしようかなーと思ってdocomoの料金プランを調べたらこうなりました。

高すぎでしょ・・・
最近電話掛けホーダイの月2700+LTEデータ通信のプランしか選べなくなったので値段上がったっぽい。
しかもこれ、docomoだけじゃなくてauソフバンでも大体一緒なんですよね。
談合しやがって・・・
MNPの場合、XperiaZ3は実質0円になることが予想されるので
XperiaZ3の端末料金を90000と仮定すると、月の料金はケータイ保障をつけた場合
利用24ヶ月以内
8500-(90000/24)=4650円
利用25ヶ月以降
8400円

となる見込み。

24ヶ月未満はともかく、それ以降高すぎでしょ・・・
というわけでいわゆる格安SIM(MVNO)の検討を始めました。
これは、各キャリア(docomo等)の通信網を使いつつ料金を下げることが可能な契約形態です。
インターネットのプロバイダとほぼ同じみたいです(この例え自体が分かりづらい・・・)
参考にしたURLは以下。

http://matome.naver.jp/odai/2139013271214522101

契約のしやすさ、データ通信量的にこの辺になりそう。
【3】b-mobile日本通信
音声通話+
LTE月4GBプラン:月額3,369円〜

MNPもできるので電話番号は変わらず利用できるのがいいですね。
http://www.bmobile.ne.jp/fd/mnp.html

しかし、MVNOには通常のキャリアにないデメリットがあります。
・キャリアメールが使えない
・端末は自分で用意する必要がある
・上記によりケータイ保障がないため、端末が破損した場合は全額自己負担

メールはgmailに変えればいいのでまぁいいんですが・・・
問題は端末が壊れてしまった時ですね。
端末は海外輸入or輸入代理店で購入or中古で買うことになると思いますが、おそらく保障期間がないかごく短期間だと思います。
それを過ぎたあとソニータイマー(笑)が発動すると○万円が水の泡になりかねない。
今のXperiaVLは3日くらいで壊れたからなぁ・・・
ただ電子機器は最初の数日を乗り越えられればしばらくは大丈夫な気はするので大丈夫かな。
XperiaZ3はまだ発売もしていないし、まだ2年縛りが残っているのでもうちょっと考えたい。

しかしスマートフォンの値段の高さはどうにかならないものか。
開発の中の人なので人件費掛かっているのは分かるんですが、不要な機能が多すぎるでしょ。
そのせいで不具合修正に時間が掛かって、結果値段が上がっているんだよなぁ。
もっとシンプルに良いもの作れないと、TVの二の舞になりそう。

追記メモ:
・2015年3月が解約手数料のかからない月。
テザリングオプションが来年1月で無料期間終了。2月は別途500円かかる。
テザリングはMVNOでも使える→http://www.bmobile.ne.jp/xsim/notes.html
ただしdocomoの端末は白ロムであっても細工をしないとテザリング利用×。
参考:http://www.mvno-navi.com/knowledge/docomo-mvno-tethering.html
auは平気っぽい。グローバル版はもちろんOK
・XperiaZL2単体の値段は36000円、XperiaZ2単体の値段は65000円。XperiaZ2は生産終了しているとか。

9/19追記
10/1からは、みおふぉんのがお得っぽい。
https://www.iijmio.jp/hdd/service/voice.jsp

10/15追記
ドコモの端末でテザリングしたければAU系のMVNO mineoを使えばよさそう。