声を糧に、生きていく

アニメと声優とオーディオのブログ

劇場版ラブライブ!を見てきました。初見の感想(ネタバレ有)

具体的なあらすじは書きません。
早く二回目が見たくて仕方ないんですが、特典の都合上2回目を見るのは次の土曜日以降になりそうです。
いくつかテーマを絞って書きます。

■μ'sを解散させたことについて
2期で解散宣言したとはいえ、如何様にも延命することはできたと思います。
ただ、ラブライブ!という作品はあくまで限りのあるスクールアイドルμ'sに焦点を当てた作品なのでそれをせず解散となりました。

この葛藤はアニメのキャラクター達だけではなく、ファン側にもあったと思います。
大好きなラブライブ!という作品をいつまでも楽しんでいたい・・・しかしスクールアイドルという性質上アニメの終わりは避けられないと。
これはのめり込んでいるファンほど理解していることと思います。
限られた期間の中で活動するスクールアイドルだからこそμ'sはこんなにも輝いているということを。

そして、μ'sと一心同体であるリアルμ'sも解散という運命からは逃げられないということを映画を通して宣言したのだと感じました。
これはリアルのμ'sの一部が過労により健康に影響が出ているということも含めた推測ですが。
作中でも秋葉ドームという単語がしきりに出ていたので、次の6thに東京ドームライブ2daysやって終わりでしょうね。

個人的にはこの解散するという判断は正しいと思います。
今まで人気があったコンテンツの続編を作ったものの、クオリティを維持できずに人気が下がり、自然消滅した例はいくつか見てきました。
有終の美を飾ることは案外難しいのかもしれません。

■謎のシンガー=未来の高坂穂乃果
ネットに転がってたレビューを読んで初めて気がつきました。
穂乃果のホテルの場所を知っていること、穂乃果の悩みを知っていること、実家に寄りたがらないこと、マイクを結局返していないこと(未来で使う)等からほぼ確定かなと。
見ている当初は高山みなみじゃん!すげえ!バーロー!という馬鹿みたいな感想しかなかったです・・・(笑)

■2週目以降に見るべきポイント
・各新曲及びPV
1週目だと新しい組み合わせやらストーリーやらで正直曲に集中できなかったので。
特に最後の曲は本当に終わりってのと歌詞にキャラ名が入っててそこで胸がいっぱいになってしまいPVまで記憶に残りませんでしたね・・・

・未来高坂穂乃果説の確認
証拠は上記で十分だと思いますので、謎のシンガーと穂乃果の性格的な類似について少し注意して見て見たいと思います。

・「飛べる」についての確認
冒頭の幼少期、穂乃果の妄想時等跳躍シーンが何回か出てきました。
どうも初回時はピンと来なかった記憶があるので意味を知った上でもう一度見たいなと。

・ありゆきの成長具合
3年生になったありさの日本語がうまくなっているとか。
大人っぽいしゃべり方になったなーとは思いましたが。
あとおっぱいがでかくなってるらしい。

■おまけ:個人的に興奮したポイント(ライブパートは書き出すとキリがないので省略)
・冒頭ファイトだよっ
ひっかかりそうになった

・1年生ソングの出だし
まさか凛ちゃんのソロ曲か・・・?と思ってびっくりした
あと動き回る凛ちゃん本当可愛くて・・・

・かよちんのコメキチ具合
あっ・・・このパンおいしっ可愛すぎ。米スムージーってなんだろ。

・ホテルでかよちん寂しい発言→りんちゃんが寄り添う
この後めちゃくちゃ(略
凛ちゃんの猫耳パジャマ可愛すぎてもう。。

・ことりのアイマス
エロい。エロ同人の見すぎですかね?凛ちゃんのアイマスクには目が書いてありました。

・3年生の新曲
アホ丸出しである。だがそれがいい。かしこいエリーチカどこいった・・・

亜里沙
穂乃果には楽しくあってほしい、みたいなこと言ってた亜里沙マジえんじぇー

・つばまきが仲良くしている→にこ嫉妬
にこまき最高

・ことあんじゅ
可能性感じた