声を糧に、生きていく

アニメと声優とオーディオのブログ

カスタムIEMの視聴感想その2

前回の感想! http://d.hatena.ne.jp/mezzo_p/20150607/1433687465

イーイヤホンで視聴してきました。
プレイヤーはNW-ZX2、リファレンスはいつもどおりラブライブ!「no brand girls(ノーブラ)」と花澤香菜「リカバーデコレーション」等のアニソンです。

今回はくみたて(売ってないけど視聴はできる)とfitearシリーズを中心に聞きました。
初視聴はMH334とくみたて3機です。
MH335DWは聴いて欲しくなったらまずい値段(\179,900)なのであえて聴きませんでした。

・Ultimate Ears UE5Pro \79,800
前回とほとんど同じ感想ですが、よくよく聞いてみるとわずかにノーブラで刺さるので見送ることに。

・FitEar Private 222 \89,800
相変わらず圧倒的なクリアな音質で花澤サウンドとは相性いいですね。
低音もよくよく聞いてみると必要十分に出ていました。
だったらノーブラもいけるんじゃないのと思ったのですが・・・何故か分からないのですがノリがよくないんですよね。
ちょっとモニター然としすぎているというのでしょうか?
声がクリアに聞こえるのでこれはこれでいいのですが。
低音のスピード感も他の曲で確認して問題なかった気がします。本当に不思議。

・FitEar Private 333 \123,900
全領域まんべんなく出ていて、楽しい!ちょっと艶やかでエロイ!そんな音です。
ただやはり高音が刺さり気味で・・・そのせいか15分程視聴したら聴き疲れしてしまいました。
同価格帯のAyaの印象が良かったので、候補からは外すことにしました。

・FitEar Aya \124,900
特に派手さはないんですが、222と同様にクリアな音が楽しめます。
他と比べるとなぜかずっと聞いていたくなる、そんな音です。
333とか334も聴かなくちゃ・・・と思ったんですが曲の終わりまで待ってしまいました。
ちょっとボーカルが近めなのが嬉しいです。
アニソン向けといわれているのが少し分かった気がします。
ノーブラは特別ノリがいいわけではないですが、222と比べると違和感なかったです。

・FitEar MH334 \154,900
買う気はなかったのですが、ネット上でFitearの中でも圧倒的な人気のようでしたので視聴してみました。
Ayaに厚みを持たせたような濃い音でした。
どこかのレビューでAyaはMH334の弟分みたいな記載を見ましたが納得ですね。
特に解像度が高いです、Ayaのあと334を聴くとベールが一枚取れたような感覚さえありました。
低域はAyaと比べてかなり出ています。
手持ちのDN-2000(ハイブリッド)の低域に似ているような芯の太い低音でした。
そのおかげでノーブラはノリノリで聴けたんですが、他のボーカル曲では低音の主張が強いと感じることも。
それでもボーカルが埋もれることはなくバランスは非常いいです。
Ayaと比較して+3万はちょっときついかなってことで今回は見送りました。

・くみたてlab KL-サンカ \74,800
煌びやかな高音と生々しい音色、そして程よい低音。
素晴らしいバランスです。
fitearシリーズと比べるとほんの僅かにクリアさが劣るものの、コストパフォーマンスに優れる機種だと思います。
きんいろモザイク「こいいろアリス」花澤香菜「リカバーデコレーション」はうっとり聴けましたね。
ノーブラがノリよく聴けた反面、ほんの僅かに刺さる感覚があったので今回は見送りですかね・・・それ以外は安いし好みの音色だったので欲しいんですが・・・
シェルの品質も良さそうですし。

・くみたてlab KL-カノン \74,800
ボーカル自体は問題ないんですが、打ち込みの電子音を聴いたとき、音が金属的に聞こえてきて違和感がありました。特にノーブラ。
あまり電子音や打ち込みとの相性はよくなさそうでした。

・くみたてlab KL-アカラ2014 \74,800
上記二種と比べてクリアさは劣るものの、音に厚みがあり濃厚な感じでした。
刺さりもなくて聴きやすかったです。
自分はクリアさが欲しいので好みからは外れていました。

■まとめ
というわけで今の候補はFitEar Private 222とFitEar Ayaです。
MH334とサンカは欲しいですが、一台目としては見送ります。
各機種を選ぶメリットはこんな感じでしょうか。

・Private 222
値段がAyaに比べて35100円安い
シェルがクリアで楽しめる(Ayaは黒のみ)

・Aya
ずっと聴いて居たくなる自然な音色
打ち込みも楽しく聴ける、曲を選ばない万能性

自分の性格の傾向からすると多分Ayaを選んだほうが後悔しないとは思いますが、注文時にもう一度視聴して決めたいと思います。