Mezzo Note

声優のライブとオーディオのブログ

感想:2018 ソロイベント 山下七海 山形公演 昼/夜

とても満足度の高いイベントでした。

 

 

開演前

お約束の注意事項を読み上げるやつです。

昼の部は文の流れで「退場していただくわよっ!」って言った後、恥ずかしそうに続けて文章を読み上げたと、会場が笑いに包まれました。

その後なんで笑ってるの?って焦っているのが天然可愛かったです。

夜の部は普通に「退場して頂きます」と読んでいました。

 

料理パート

料理パートなので、エプロン姿のななみんが登場。

料理の下ごしらえを済ませたものを調理するという形式でした。

作ったものはスタミナ豚キムチ丼(正式名称不明、ななみんが料理名言うたびに変わる)・そば米汁(徳島の郷土料理)でした。

調味料を目分量で入れているの、ななみんっぽいなと思いました。

昼の部ではIHの火力の下げ方が分からず、一度切ってから再度火をつけるという暴挙に出ていました。

夜の部でもIHについて文句言ってたので、普段はガスコンロなのでしょう。 

 

料理パートをやろうと思ったのは、別のイベント(2017の音泉イベント)で豚キムチを作ったところすごい反響があったからだそうです。

オタクの喜ぶことをしようと思って、今回のソロイベを作り上げてくれたのが伝わってきました。

 

また、夜の部では冒頭でネイルをしたのを嬉しそうに見せてきて可愛かったです。

(昼の部では忘れていたらしい)

料理後のお着替え時は、別の料理をしているななみんの動画が流れました。

料理は母直伝のじゃこ天(?)と小松菜の炒め物でした。

火力の通りにくい部分からシンプルに塩コショウで炒めて、仕上げにしょうゆとごまを掛けていた気がします。

 

実食&トークパート

ここでゲストのおかむーと田中秀和(!!)が登場。

お着替えしたななみんはちょっと透け感のある衣装でした。

 

 

料理を美味しそうにほお張るおかむーを見て、これがおばあちゃんの気持ちか~とコメントするななみん。

ママみを感じました

トークパートはくじびきで引いたテーマに添って話という内容でした。覚えているところだけ書きます。

・お互いの良いところは?

田中秀和さんがななみんのことを、事前準備をたくさんしていると評価していました。

さらに、本番で緊張しがちだけど、それを補うために事前準備をたくさんされている印象を持っているとのこと。

ななみんは我々には天然キャラ通していて、普段はあまり努力しているのを見せない人なので、このエピソードは大変貴重なものだと思います。

 

ライブパート

オオカミとピアノ(田中秀和ピアノ伴奏+おかむータンバリンver)

いつもよりちょっとBPMがゆったりめで、大人な雰囲気のオオカミとピアノ。

とはいえななみんが煽ってくるのでコールは入り、ちょっと不思議な感じでした。

多分short verだったと思います。いつもの台詞がなかったので。

first heart beat(田中秀和ピアノ伴奏+おかむータンバリンver)

2016年にやったハッカフェス以来かな?ソロverは初披露。

元々やや切な目な曲調にピアノ伴奏が合っていて、とても良かったです。

3号ちゃんに合わせてペンライトを青にする人もそこそこ居ました。

 

乙女のポリシー

2016のソロイベでも歌っている、もはや定番と言っても良い曲。

2016年度に比べて格段に歌唱力が向上しているのが感じられました。

ぴっと凛々しく、のところでななみんが凛々しい笑顔をするのが好き。

本当にこの曲が好きなんでしょうね。

 

純情エモーショナル

ソロ(スゥシィ)verは今回が初披露。

ペンライトはスゥシィ色の黄を振る人が多かったです。

 

ドラマチックを君と(昼)

今回初披露。

ソロのラジオでこんな歌いだしが繊細な曲ある??っと言っていたせいか緊張しているように感じました。

でもきちんと歌えていましたし、最後のほうは感情が乗ってきてCD以上の歌唱になっていました。

non stop diamond hope nanami ver(夜)

今回初披露。

テンポが速いのと、コールが入れやすいので盛り上がってました。

やはりCDでいつも聴いていた曲をライブで聴くのは新鮮で良いですね。

 

7つの海のコンサート

今回初披露。(今回のソロイベの為に作られた曲なので当たり前ですが)

明るい曲調とななみんの優しい声が調和していて、かつななみんがのびのびと楽しそうに歌っていて、幸せな空間が出来上がっていました。

本当にななみんの為の曲という印象を受けました。

あと、なみを~なみを~のところはコール&レスポンスになっていて、ライブで楽しめる仕様になっています。

パンフレット の田中秀和さんのコメントによると、この曲は山下七海のキャラクターソングとして作ったみたいです。

ライブで聴いた後に呼んで納得感しかなかったです。

 

総括

ななみんの可愛さが凝縮された良いイベントでした。

ななみんのソロイベは3回目の参加なんですが、毎回参加者が他のライブに比べて幸せそうな顔をして帰っている感じがします。

ななみのメロディがどこまでも続きますように。(七つの海のコンサートより)

 

最後におみやげにもらったカイロを紹介して終わります。

ななみんは何時間も書けてメッセージを手書きしたところ、こんなのもらって嬉しいのかなぁ?と思ってしまったそうです。

嬉しいに決まってるじゃないか!